バスケットボール男子、B1東地区の仙台は22、23の両日、仙台市のカメイアリーナ仙台で、秋田(東地区)とのB1初の東北ダービーに臨む。21日は仙台市のHALEOドームで約1時間半、調整した。

 攻撃のフォーメーションを確認した後、実戦練習。片岡は秋田の得点源の田口とのマッチアップを想定した守備で、相手に厳しく体を寄せて簡単にボールを持たせなかった。攻めても、ゴール下に走り込んでシュートを決めた。

 チームはアウェー4連戦で全敗し、ホームに戻る。間橋監督は「bj時代からのライバルで、負けたくない思いは特別強い。何としても連敗を止める」と語った。◎片岡流れ呼び込む 攻撃システム変更で復調 開幕...    
<記事全文を読む>