日本バスケットボール協会は17日、来年のU―19(19歳以下)男子世界選手権大会の日本代表候補選手15人を発表した。秋田県関係では、杉本天昇(山王中出、土浦日大高3年)が選出された。

 メンバーは、今月20日から来年3月まで、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで6回にわたり強化合宿を行う。大会は来年7月1~9日、エジプト・カイロで開催予定。日本は今年7月のアジアU―18選手権で2位となり、出場権を獲得している。

...    
<記事全文を読む>