男子バスケットボールBリーグ一部(B1)中地区の富山グラウジーズは十五、十六の両日、富山市の県総合体育センターで横浜ビー・コルセアーズと対戦し、二連敗を喫した。開幕二戦目から七連敗。通算成績は一勝七敗で、最下位の六位から抜け出せなかった。

 初戦は、新加入の宮永雄太選手が初めて先発。第一、第二クオーターをリードして折り返したが、第三、第四クオーターに追い付かれ、延長戦の末に77-79で試合を落とした。

 二戦目は、第一クオーターは17-15でリードしたが、第二クオーターに逆転を許した。第四クオーターは宇都直輝選手のボール奪取などで追い上げたものの、スリーポイントシュートを立て続けに決められ...    
<記事全文を読む>