バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは15日、山口県周南市のキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで第7戦を行い、西地区2位の広島ドラゴンフライズに87-85で競り勝ち、通算6勝1敗とし、同地区首位を守った。

 B2初の中国ダービーで、ともに1敗で迎えた地区首位攻防戦。島根は第3クオーターに最大9点リードを奪われたものの、横尾の3点シュートなどで食い下がり逆転。最終クオーターにマーシャルのゴール下のアタックなどでリードを奪い、逃げ切った。

 けがで前節欠場した安部、デービスが復帰。14日に選手契約を結んだばかりの呉屋(ごや)がデビューした。

 第8戦は16日、同ス...    
<記事全文を読む>