プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区3位=3勝3敗)は15日、京都市のハンナリーズアリーナで京都ハンナリーズ(同4位=3勝3敗)と今季第7戦を行い、81―74で競り勝った。キングスは第1クオーター(Q)のスタートから5分近くも得点ができず、0―12と大きく出遅れた。それでも厳しい守備で京都の勢いを止め、ラモント・ハミルトンの得点などで食らい付いた。第2Qに津山尚大の3点弾や喜多川修平の速攻で一時は追い付いたものの、京都も着実に加点して27―33で前半を終えた。第3Qに入ると岸本隆一が3点弾などで加点して逆転に成功。第4Q終盤までしぶとく攻め続ける京都を振り切...    
<記事全文を読む>