バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)で中地区最下位(6位)の富山グラウジーズは15日、県総合体育センターで同地区5位の横浜ビー・コルセアーズに延長戦の末、77-79で敗れた。今季6連敗で、通算成績は1勝6敗。

 富山は、新加入の宮永を初めて先発起用した。前半は宮永や城宝の3点シュートが効果的に決まった。第1クオーターは23-15とリード。相手が外国人選手と帰化選手を起用した第2クオーターも、粘り強いプレーで踏ん張り39-37で折り返した。

 後半は、相手外国人選手の大きな体格を生かしたプレーに苦戦。富山も城宝やウィラードの得点で盛り返したが、5分間の延長戦ではシュートの精度を欠き、あと...    
<記事全文を読む>