過去最多となったホームの観客の前で、野口、PG多嶋、SF西川ら道産子選手が躍動した。本拠地でのチームのファーストゴールを決め、チームに勢いをもたらした野口は「みんな緊張していた。ロッカーの雰囲気もいつもと違ったが試合の入りは良かった」と接戦を勝ち切れたことに安堵の表情を浮かべた。

 ファーストゴールは札山の手高や実業団で活躍した元バスケットボール選手で妻のまゆみさん(旧姓・船引)から受けた「こういう時は緊張するから最初から(シュートを)打った方がいい」というアドバイスを実践した結果だ。9日に38回目の誕生日を迎えたまゆみさんは所用のため観戦できなかったが、野口はいい報告ができると胸を張っ...    
<記事全文を読む>