プロバスケットボール「Bリーグ」の琉球ゴールデンキングスは9日、ホームの沖縄市体育館にシーホース三河を迎えて今季第6戦を行い、75―67で勝利を収めた。第5戦での敗北から一転、序盤から得意の速い展開に持ち込んだキングスが三河を突き崩した。

 新加入のラモント・ハミルトン、喜多川修平や岸本隆一が引っ張り、前半を36―31で折り返した。終始リードを守る中、第3Qで逆転されたが、主導権を手放さずに第4Qでは四つの3点弾などで24得点し、接戦を制した。

 三河に1勝1敗とし、リーグ開幕後、元ナショナルリーグ(NBL)チームに対する初勝利となった。今季の通算成績は3勝3敗。第7、8戦は15、16の両...    
<記事全文を読む>