バスケットボールB1は9日、各地で第3節8試合を行った。東地区の栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で3位の仙台に82-55で快勝。5連勝で通算成績を5勝1敗とし、同勝率のアルバルク東京を得失点差で上回るブレックスが地区首位を堅持した。

 前日の勝利で地区首位に立ったブレックスは序盤、仙台の戻りの速さや激しいマークもあり思うように得点を伸ばせなかった。ファウルがかさみリバウンドでも劣勢に立って、第1クオーターはリードを許した。

 しかし、第2クオーター立ち上がりに渡辺裕規(わたなべひろのり)や須田侑太郎(すだゆうたろう)の3点シュートやライアン・ロシターが相手ガードの...    
<記事全文を読む>