プロバスケットボール「Bリーグ」の琉球ゴールデンキングスは8日、ホームの沖縄市体育館にシーホース三河を迎えて今季第5戦を行い、69―89で敗れた。通算成績は2勝3敗。キングスは試合序盤から10点前後の差を追い掛ける展開から第3クオーター(Q)で猛追し、第4Q序盤で一時同点に追い付いた。しかし、落ち着いた試合運びで確実にシュートを重ねる三河に再び突き放された。三河との第6戦は9日午後2時から同体育館で行う。(観客3167人)三河(3勝2敗) 89―69(26―16,14―14,20―28,29―11)キングス(2勝3敗) 【評】強いインサイドバスケの三河がキングスを圧倒した。第1、第2Q...    
<記事全文を読む>