優勝候補の栃木の壁はあまりに厚かった。前半だけで41点差をつけられ、早々に勝負は決まった。「手も足も出なかった」と主将志村。淡々と振り返る表情に危機感がにじんでいた。

 第1クオーターから守備が崩壊した。リバウンドからの速攻や身長差を突かれたゴール下の攻撃に翻弄(ほんろう)される。ゾーンディフェンスに切り替えても、巧みなパス回しから次々シュートを沈められ、なすすべがなかった。

 攻撃でも、栃木の積極的にボールを奪いにくる守備にミスを連発。中を攻めても瞬時に囲まれ、パスすらままならない。前半は2点シュートより3点シュート試投数が多く、外のシュートに頼らないというプランは失敗。淡泊な外からのシ...    
<記事全文を読む>