バスケットボール男子Bリーグは8日、各地でB1第3節8試合を行った。東地区の栃木ブレックスは宇都宮市のブレックスアリーナ宇都宮(同市体育館)で仙台と対戦し、108-56と今季初の100点ゲームで大勝した。4連勝で通算成績は4勝1敗。この日、千葉に敗れたアルバルク東京と勝敗数で並び、得失点差で首位に立った。

 ブレックスは立ち上がりから得意の堅守で主導権を握った。古川孝敏(ふるかわたかとし)のジャンプシュートで先制すると、田臥勇太(たぶせゆうた)がスチールから速攻を仕掛けるなど、多彩な攻撃で相手を圧倒した。

 第1、2クオーターにかけて連続で18点を挙げると、相手に約6分間得点させず、前半を...    
<記事全文を読む>