バスケットボール男子プロリーグBリーグ1部(B1)のレバンガ北海道は9、10日、北海きたえーるで今季のホーム開幕戦となる秋田との2連戦を行う。

 レバンガ北海道の折茂武彦選手(46)は昨季、人生初の骨折で約半年間の長期離脱をし、本気で現役引退を考えた。第一線に踏みとどまったのは、今季からの新しいプロリーグがあったからだ。運営会社代表を兼ねる異例のリーグ最年長選手は「“折茂健在”を道内のファンに見せたい」と決意を口にする。

 昨年11月中旬に右足甲を亀裂骨折し、試合に復帰したのは今年5月。その間にチームは前身のレラカムイ北海道時代を含めて9季目で初のプレーオフ進出を決めた。

 「僕はチームに必...    
<記事全文を読む>