バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは8日、盛岡市の岩手県営体育館で岩手ビッグブルズと対戦、83―66で快勝し、2試合ぶりの白星をつかんだ。

 第1クオーター(Q)からカイル・バローンやアラン・ウィギンスがインサイドを積極的に攻め、第2Q終了時には19点差をつけて岩手を圧倒した。第3、4Qは相手のアウトサイドのシュートが決まり始め追い上げられたが、守りの集中を欠くことなく、一度もリードを許さずに快勝した。

 ワッツは9日も同会場で岩手と対戦する。試合開始は午後2時。

...    
<記事全文を読む>