バスケットボール男子、B1東地区の仙台は、北海道との2連戦で失点を60点台に抑えられた要因は、シューターに対する守りにあった。◎熱戦ハイライト 1戦目の第4クオーター。北海道の折茂をマークした石川が相手のスクリーン(守備の進路をふさぐ壁役となる選手)をかいくぐり、折茂に密着。ジャンプシュートを打たせなかった。

 縦に2枚並べたスクリーンに守備が引っ掛かっている間に、シュートを放つのが北海道の作戦。シューターをフリーにしないためには、パスを受けに走る進路を外に膨らませ、スクリーンとの間に隙間をつくり、並走しなければならない。

 手を使ったり、押し倒したりしたらファウルだが、アームバーという肘...    
<記事全文を読む>