バスケットボール男子の「Bリーグ」となって初の地元開催となる琉球ゴールデンキングスのホーム開幕第2戦が2日、沖縄市体育館であり、キングスは滋賀レイクスターズと対戦。77―49で勝利を収めた。キングスは序盤から岸本隆一や新加入モー・チャーロの積極的なプレーが光り前半を14点差のリードで折り返した。後半に入っても喜多川修平の3点弾などで得点を重ね、滋賀に連勝した。今季の第4戦で通算成績は2勝2敗。満員の観客(ブースター)が声援を送り、地元での連勝を喜び合った。キングスの次戦は8日、同体育館でシーホース三河と対戦する。(観客3546人)琉球(2勝2敗)77―49(21―6,18―19,14―...    
<記事全文を読む>