バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は2日、西宮市立中央体育館などで8試合があり、西宮ストークスはホーム2戦目も信州を82-73で下し、3連勝を飾った。

 西宮は守備からリズムをつかみ、竹野主将や道原がテンポよく3点シュートを決めて第2クオーター(Q)を47-38で折り返した。相手外国人によるパワープレーも2、3人がかりで封じ込め、逃げ切った。

...    
<記事全文を読む>