バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは2日、八戸市東体育館で群馬クレインサンダーズと対戦し、64―81で大敗した。通算成績は2勝2敗。

 ワッツは第1クオーター(Q)から追う展開となった。館山健太の連続シュートで先行する上々の滑り出しだったが、その後に失速。何とか相手に食らいつき、前半を34―36で折り返した。

 後半はパスミスやオーバータイムなどを繰り返し、チャンスをつぶした。試合の流れをつかめないまま、第3Qを7点ビハインドで終えると、第4Qでさらにリードを広げられた。

 ワッツは8、9日、岩手県営体育館で岩手ビッグブルズと対戦する。

...    
<記事全文を読む>