バスケットボール男子Bリーグは1日、各地でB1第2節9試合を行い、東地区の栃木ブレックスは船橋市の船橋アリーナで千葉と対戦、83-57で快勝し、前節第2戦に続いて連勝、白星を積み上げた。通算成績は2勝1敗。

 ブレックスらしい「堅守速攻」が光った。第1クオーター開始直後、千葉に先制こそ許したが、すぐに田臥勇太(たぶせゆうた)がミドルシュートで反撃。その後3分間で連続14得点を奪い主導権を握ると、スティールからの速攻などで得点を重ね、前半を35-26で折り返した。

 集中力は後半も途切れず、竹内公輔(たけうちこうすけ)、ジェフ・ギブス、ライアン・ロシターがゴール下で躍動。トータルリバウンド数...    
<記事全文を読む>