フットサル国内トップリーグ「ゼビオFリーグ」の公式戦が30日、釧路市の湿原の風アリーナ釧路で行われ、9位のエスポラーダ北海道(札幌)は4位のペスカドーラ町田(東京都町田市)を4―2で破り、釧路のファンに勝利を届けた。

 エスポラーダは前半8分すぎ、堀米将大選手が先制のミドルシュートを決め、2点リードで後半へ。3―1から残り1分余りで、この日2得点の酒井遼太郎選手がダメ押しの追加点を挙げた。10月下旬、日本代表候補としてトレーニングキャンプに参加した厚岸町出身の宮原勇哉選手(19)も、得点には絡めなかったが勇姿を見せた。

 小野寺隆彦監督は「初めて勝ち点3を取った思い入れのある釧路で、ここ最...    
<記事全文を読む>