お家芸のソフトボールや相撲は半減 少子化のあおりを受けるスポーツの現場で「競技者が減った」という話を聞くようになって久しい。実際どうなのか。過去10年、高知県内の中高生(定時・通信制除く)の運動部員の数を中心に調べてみた。

 2016年と2006年比で増加したのはハンドボール(40・6%増)、バドミントン(12%増)、水泳(11・3%増)、サッカー(7・6%増)。この4競技以外は減少している。減少率が高いのは「お家芸」のソフトボール50・8%と相撲47%。空手道44・9%が続く。

 中高生の生徒数合計は2006年が4万2985人、2016年が3万6944人で、減少率は14・1%。これを基に...    
<記事全文を読む>