第五十二回全国社会人サッカー選手権大会は最終日の二十六日、愛媛県西条市のひうち陸上競技場で決勝があり、県勢で初めて決勝に勝ち進んだ鈴鹿アンリミテッドFCは三菱水島FC(岡山)に延長PK戦の末敗れ惜しくも準優勝だった。決勝に先立ち行われた三位決定戦ではヴィアティン三重がジョイフル本田つくばFC(茨城)を下した。

 日本フットボールリーグ(JFL)への昇格につながる、十一月の全国地域チャンピオンズリーグ(CL)への出場権も懸けて行われた。上位三チームに入った鈴鹿は二年ぶり三度目、三重は初出場を決めた。

 全国地域CL一次ラウンドは、全国九地域リーグの代表計九チームと全国社会人選手権の上位三チー...    
<記事全文を読む>