11月19日から大阪で行われる全日本ろう者サッカー選手権大会(日本ろう者サッカー協会主催)に向けて、北海道の選抜チームが22、23日、室蘭市の入江運動公園芝生広場で合宿した。

 室蘭合宿は、3年前に室蘭で行われた全日本選手権を縁に翌年から行われており、今回が3回目。今年は2月、5月の合宿で選考されたイレブン、スタッフら20人が室蘭入り、地元の室蘭シニアと練習マッチを行いながら最終調整した。

 合同練習は5月以来とあって、選手たちは高橋裕樹監督の指示やポジションなどを確認しながら懸命にボールを追い掛けていた。北海道ろう者サッカー協会の田村直美事務局次長は「今回はベテランと若手の入れ替わりがあ...    
<記事全文を読む>