サッカーの第24回Jリーグユース選手権大会は23日、埼玉県のレッズランドなどで2回戦8試合が行われ、サガン鳥栖U-18は浦和レッズユースに2-3で競り負けた。

 先制点を許した鳥栖は前半42分にMF石川啓人がシュートを決めて1-1とすると、後半3分、CKにDF倉員宏人が頭で合わせて勝ち越した。しかし、その後18、30分に失点。そのまま力尽きた。

...    
<記事全文を読む>