サッカーの第38回皇后杯全日本女子選手権大会は22日、藤枝市民グラウンドなどで開幕し、1回戦8試合を行った。藤枝順心高(東海)は延長戦の末、1―2で仙台大(東北)に敗れた。JFAアカデミー福島(東海)は8―1で四国学院大(四国)に大勝し、2回戦に進んだ。

 静岡産大磐田と常葉橘高は23日の1回戦に登場する。

 ▽1回戦 クラブフィールズ・リンダ(北海道) 3(0―0 3―0)0 広島文教女大付高(中国) 仙台大(東北) 2(0―0 0―0 延長 1―0 1―1)1 藤枝順心高(東海) ニッパツ横浜FC(なでしこ2部) 5(3―0 2―0)0 徳山大(中国) JFAアカデミー福島(東海) 8...    
<記事全文を読む>