県サッカー協会は、14歳以下の本県選抜チームをオランダとイタリアに派遣する「夢プロジェクトU-14欧州遠征2016」を8月17〜26日に実施した。今の子どもたちは「目標に向かってチャレンジする」といった経験が少ない、といわれる中、参加した14歳の選手36人が10日間の遠征を通して「夢」を追い掛け、自分の「夢」を広げることができたと確信する。オランダのアカデミーのトップコーチ、エリック氏は「茨城の選手は一生懸命にボールを追い掛ける。素晴らしいハードワーク」「学ぼうとする姿勢は好感が持てる」と称賛した。しかし「コーチングされたことは着実に実行しようとするが、アレンジや臨機応変にゲームの中で表...    
<記事全文を読む>