フットサルの全国リーグ・Fリーグは14日、第14節を墨田区総合体育館などで行った。浜松は首位すみだと対戦し、1-2で敗れた。

 浜松は試合開始早々にミドルシュートなどで2失点。その後は集中して守備を立て直し、前半を乗り切った。

 後半は積極的にシュートを打ち合う展開。14分、浜松はけがからの復帰戦となった野嶋がゴール近くでボールを持つと、右足で決めて1点差。さらに残り2分からパワープレーで攻め立てたが、及ばなかった。

 すみだ(35) 2(2-0 0-1)1 浜松(8) ▽得点者【す】清水、太見【浜】野嶋

...    
<記事全文を読む>