三菱自動車が、サッカーJ1浦和レッズの運営子会社の株式を一部売却する方針を固めたことについて、浦和サポーターやさいたま市民からは「三菱の名前を残してほしい」「株主が変わってもレッズを応援する」との声が聞かれた。

 浦和選手も訪れるというさいたま市浦和区のストレッチ専門店「ドクターストレッチ」のトレーナー先崎正博さん(25)は「株を売却することでファンや観客が減ったり、個人株主離れがなければいいが」と不安げ。

 売却先は三菱重工業を含めて検討されているという。緑区の50代無職女性は「三菱自動車のイメージが強いから、同じグループだとしても寂しい」。

 緑区の50代パート女性は「レッズと言えば三菱...    
<記事全文を読む>