静岡県の中学生チームと海外クラブが対戦する「スルガカップ2016静岡国際ユースU-15(15歳以下)サッカー大会」(県サッカー協会主催、静岡新聞社・静岡放送後援、スルガ銀行特別協賛)は9日、袋井市のエコパスタジアムで予選リーグの残り2試合を行った。

 A組はCFパチューカ(メキシコ)が杭州緑城(中国)を6―0で破り、B組はユベントスFC(イタリア)がチョンブリーFC(タイ)を3―1で下してそれぞれ2勝目を挙げ、首位通過を決めた。県選抜のチームSSSとチームFFFはともに2位通過となり、3位決定戦で対戦する。

 最終日の10日はエコパスタジアムなどで、決勝「CFパチューカ―ユベントスFC」と...    
<記事全文を読む>