四国サッカーリーグ所属の高知ユナイテッドSC(高知U)を応援している高知県高岡郡四万十町の農家らが10月6日、少年サッカー教室のため四万十町を訪れたイレブンに香り米を贈り、「モリモリ食べて、JFL(日本フットボールリーグ)昇格目指して頑張って」と激励した。

 高知Uはサッカー指導などを通し四万十町と地域交流事業を続けており、イレブンが植えた「高知ユナイテッド米」を地元農家が育てている。

 この日は、一緒に田植えをした窪川少年サッカースクールの選手や農家の代表が、高知Uの横竹翔主将(27)や西村昭宏監督(58)に、9月に収穫した新米約50キロを贈った。

...    
<記事全文を読む>