◇サッカーW杯アジア最終予選 2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選は6日、各地で行われ、B組の日本は埼玉スタジアムでの第3戦でイラクを2-1で下した。ホーム2戦目での初勝利で2連勝し、通算2勝1敗で勝ち点6とした。イラクは3連敗。

 日本は前半に原口(ヘルタ)のゴールで先制。後半にFKから失点したが、ロスタイムに途中出場の山口(C大阪)が決勝点を奪った。この日対戦するオーストラリアとサウジアラビアに勝ち点で並んだ。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング56位の日本は同128位のイラクに対し、通算7勝2分け3敗とした。日本は11日にメルボルンでオーストラリアと顔を合わせ...    
<記事全文を読む>