サッカーJ3は30日、第27節7試合を各地で行った。6位のAC長野パルセイロは、長野市南長野運動公園総合球技場で15位盛岡と戦い0―0で引き分けた。首位栃木と2位大分が勝ち、AC長野との勝ち点差は12と9に広がった。AC長野の優勝はなくなった。

 前半から両チームとも攻守の切り替えが速い展開だった。AC長野はFW東に代え、コンハードが今季リーグ戦初先発。菅野や多田らがシュートを放ったが得点できなかった。GKレオーニは盛岡の攻撃を好セーブで止めた。後半もAC長野は相手ゴールに迫ったものの、コンハードのシュートがバーに当たるなど仕留めきれなかった。

 AC長野がJ2昇格圏内の2位に入るには残り...    
<記事全文を読む>