サッカーJ3は23日、第26節7試合を各地で行った。4位のAC長野パルセイロは沖縄県総合運動公園陸上競技場で8位琉球と対戦、1―2で負けた。6位に後退し、J2・J3入れ替え戦に出場できる2位大分との勝ち点差は7。J2昇格が厳しさを増した。

 AC長野は前節と同じ先発布陣。前半2分、琉球に先制点を許した。後半27分、交代出場していたコンハードが同点ゴール。しかし後半ロスタイム4分にPKを与え、田中に決められた。

 首位栃木が引き分け、2位大分は勝った。残り4試合で、鹿児島までの上位3チームのうち2チームが2勝すると、AC長野が4連勝してもJ2昇格はなくなる。AC長野は第27節の30日、ホーム...    
<記事全文を読む>