明治安田J3第26節は23日、各地で7試合を行った。首位の栃木SCは静岡県のエコパスタジアムで9位の藤枝に1-1で引き分けた。通算成績は15勝7分け4敗の勝ち点52。首位は変わらないが、2位大分、3位鹿児島がともに勝ったため、両チームとの勝ち点差は3に縮まった。

 栃木SCは前半7分、ペナルティーアーク内からのFKをDF山形辰徳(やまがたたつのり)が直接狙うも惜しくも枠の外。直後には縦パスに抜け出した相手FWにシュートを浴びるなど一進一退の展開だった。先制は栃木SC。同18分、右CKをDF広瀬健太(ひろせけんた)がボレーで合わせてゴールネットを揺らした。

 後半は相手にボールを持たれる時間...    
<記事全文を読む>