サッカーJ3は2日、第24節7試合を各地で行い、6位のAC長野パルセイロは相模原ギオンスタジアムで10位の相模原に2―1で競り勝った。2連敗中だったAC長野は3試合ぶりの勝利でJ2昇格争いに踏みとどまった。通算11勝6分け7敗で勝ち点39。順位は6位のまま。

 全試合フル出場だった阪田が前節肩を痛め控えに。右膝故障で4試合外れていた内野をセンターバックで先発起用。右膝を傷めた勝又も出場できず菅野が代役を務めた。

 前半5分、FKのボールを内野が相手と競り合って転倒しPKを得た。これを佐藤が決めて先制。38分には天野の右クロスが相手の手に当たり二つ目のPKをもらうと、再び佐藤が蹴り込み2点目...    
<記事全文を読む>