明治安田J2第38節最終日(30日・フクダ電子アリーナほか=10試合)V・ファーレン長崎は千葉と0-0で引き分けた。通算成績は10勝16分け12敗(勝ち点46)で、順位は前節と同じ13位。J1昇格プレーオフ(PO)進出ラインに位置する6位京都が勝ち点を63に伸ばしたため、V長崎が残り4試合を全勝しても6位以内には届かず、PO進出の可能性は消えた。

 首位札幌は熊本に0-2で完敗し、勝ち点は78のまま。2位松本が山形を下して勝ち点を75に伸ばし、札幌との勝ち点差を3に縮めた。29日に群馬を破った清水は、勝ち点72で3位をキープ。4位C大阪は水戸と引き分け、同69とした。

 V長崎は前半、千葉...    
<記事全文を読む>