明治安田J2第38節第2日(30日・フクダ電子アリーナほか=10試合)千葉は長崎と0-0のドロー。勝ち点を46に伸ばしたが、残り4試合で昇格プレーオフ圏内の6位京都との勝ち点差が17となり、千葉の今季7位以下が確定。J1昇格への道が断たれた。

 首位の札幌は熊本に0-2で敗れ、勝ち点78のまま。2位松本は1-0で山形を下し、同75の2位に再浮上した。京都は2-0で岡山を破った。◆前半攻めるも無得点 「悔しい引き分けだった」(長谷部監督代行)。引き分け以下に終われば、J1昇格の可能性が消滅する一戦。スコアレスドローを伝える笛がピッチに鳴り響いた瞬間、選手たちは天を仰ぎ、足取り重く整列に向か...    
<記事全文を読む>