サッカーJ2の松本山雅FCは30日、山形県天童市でモンテディオ山形と対戦し、三島康平選手(29)のゴールで1―0で勝利し、来季J1へ自動昇格できる2位を守った。

 松本山雅は14試合負けなし。首位の北海道コンサドーレ札幌との勝ち点差が3に縮まり、J1自動昇格だけでなく、J2優勝も視界にとらえた。その一方で3位清水エスパルスも勝ち点差3に迫っており、残り4試合となった昇格争いは大混戦。敵地のスタジアムに駆け付けた松本山雅サポーターは応援歌を響かせ、「残り試合を全部勝ってほしい」と願っていた。

...    
<記事全文を読む>