J2のFC岐阜は第38節の30日、北九州市の本城陸上競技場で22位北九州と戦う。今節は勝ち点1差の最下位との直接対決でもあり、岐阜にとって勝利以外の結果では失敗と言える一戦だ。

 これまで「最低限勝ち点1を取る」と話していた吉田監督だが、4連敗中で降格圏の21位に順位を下げたこともあり「この試合は絶対勝たないといけない」と強く語る。試合前の練習では、少人数で攻守の確認を進め「チームの原点に戻って、守備はボールを奪いきる強さ、攻撃は1対1でシュートを打つ意識を思い出してほしい」と選手たちに促した。

 最下位脱出を図る北九州については「守ってカウンター。戦い方ははっきりしている」と一言。経験豊...    
<記事全文を読む>