サッカーJ2・モンテディオ山形は、引き分けたC大阪戦から一夜明けた24日、天童市の県総合運動公園サッカー場で練習し、先発メンバーは軽めに調整した。勝利目前の後半ロスタイムに追い付かれた試合展開について、2得点のFW大黒将志は「勝てた試合。自分も含め、一人一人がしっかりプレーを振り返らないと同じことを繰り返す」と唇をかんだ。

 試合は前半ロスタイムに先制を許したが、後半に大黒がMFアルセウの浮き球パスに反応して抜け出し、相手GKと競りながら同点ゴール。大黒はさらに逆転のPKも決めた。しかし上位チーム相手に勝利か―と思われた後半ロスタイム、自陣ゴール前の混戦のこぼれ球を決められて追い付かれた...    
<記事全文を読む>