途中出場の村田がだめ押し点を演出した。ボールを奪って相手陣内に駆け上がり、白崎、鄭大世を経由して右足でシュート。ボールは相手DFの手に当たり、PKを獲得した。

 「PKになったシュートは確実に決めたかったが、チームに貢献できたことは素直にうれしい」と村田。8日の町田戦では村田のクロスから鄭大世が倒されPKを獲得。16日の金沢戦でも速攻から3点目をアシストするなど、スーパーサブの役割を果たしている。

...    
<記事全文を読む>