明治安田J2第37節最終日(23日・長野県松本平広域公園総合球技場ほか=9試合)は、2位松本は愛媛と引き分け、勝ち点を首位札幌と6差の72とした。清水は北九州に勝って同69とし、山形と引き分けたC大阪に代わって3位に浮上した。

 勝ち点33だった金沢が勝利したことで、勝ち点34のFC岐阜は順位を降格圏の21位(入れ替え戦出場順位)に下げた。

...    
<記事全文を読む>