サッカー明治安田J2の第37節最終日は23日、松本市のアルウィンなどで9試合があり、2位の松本山雅は愛媛に1―1で引き分けた。13試合負けなしの松本山雅は勝ち点72。首位の札幌が前日に負けたため勝ち点差は6に詰まった一方、3位に浮上した清水が勝ち点差3に迫った。残りは5試合。

 松本山雅は日本代表候補合宿に参加したGKシュミットが左足捻挫の影響で今季初めて先発から外れ、代わりに白井が入った。そのほかの先発メンバーは前節と同じ。前半を0―0で折り返し、後半は松本山雅がチャンスをつくる時間が続いたが、29分に自陣左から崩されて失点。その5分後に三島がPKを獲得して追い付いた。

 清水は北九州を...    
<記事全文を読む>