明治安田J2第37節最終日(23日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=9試合)水戸は1-1で京都と引き分けた。通算成績は9勝16分け12敗、勝ち点43で順位は14位。

 水戸は攻勢を掛けた後半31分、速攻からドリブルで持ち上がった宮本が左足で蹴り込んで先制。しかし後半ロスタイムにPKを決められて引き分けた。

 水戸はこの日4768人の観客でホーム試合のシーズン入場者数が計10万1147人となり、ホーム2試合を残し過去最多を更新した。

 ■水戸らしさは出せた 水戸・西ケ谷監督 攻守で水戸らしさは出せた。まだまだ勉強しろと言われているようなゲームだった。(終盤の3バックは)こぼれた後のボールをケア...    
<記事全文を読む>