明治安田J2第37節最終日の23日、17位のロアッソ熊本は午後1時から香川県丸亀市のPikaraスタジアムで、19位の讃岐と対戦する。降格圏と勝ち点6差のロアッソにとって、J2残留へ勝利が求められる一戦。清川浩行監督は「讃岐戦の後は上位との3連戦が控えており、今回は勝ち点3を取らないといけない。『大一番』ということは選手も分かっている」と身構える。

 讃岐は負傷者続出で前節、最下位の北九州に0-3で敗れるなど苦しい戦いが続いている。ロアッソ戦では、191センチの長身FWミゲルをターゲットにロングボールを放り込んでくる展開も予想される。

 清川監督は「2列目からDFラインの背後に飛び出してく...    
<記事全文を読む>