明治安田J2第36節は16日、各地で11試合を行った。15位のロアッソ熊本は町田市陸上競技場で7位の町田と対戦し、0-1で敗れた。ロアッソは通算10勝9分け17敗の勝ち点39で17位に転落。残り6試合で6位京都との勝ち点差が20に開き、J1昇格プレーオフ進出の可能性が消滅した。

 ロアッソは4-1-4-1の陣形。右サイドバックには、累積警告で出場停止のDF園田拓也に代わって、DF黒木晃平を起用した。前半は町田にロングボールを放り込まれ、DFラインの裏を狙われた。17分にはDF小谷祐喜が相手選手を倒し、PKを与えたが、GK佐藤昭大が好セーブで防いだ。

 0-0で迎えた後半3分に、ミドルシュー...    
<記事全文を読む>