サッカーJ2第36節は16日、西京極陸上競技場などで11試合を行い、京都サンガFCは1-0で岐阜に競り勝った。6月以来の連勝を飾り、勝ち点を56から59に伸ばした。順位は6位のまま。

 サンガは試合終了間際、負傷から2カ月半ぶりに先発復帰した石櫃がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得し、アンドレイが決めた。守備では4試合連続で無失点に抑えた。

 首位札幌は愛媛と2―2で引き分け、勝ち点を78とした。2位松本は千葉に3―0で快勝し、71。C大阪は岡山と1―1で引き分け、67で続いた。

...    
<記事全文を読む>