サッカーJ2のFC岐阜は第三十六節の十六日、京都市の西京極総合運動公園で京都サンガFCと対戦した。終了間際にPKを決められて0-1で敗れ、三連敗を喫した。順位は二十位のまま。

 岐阜は、前節から先発選手を五人入れ替え、今季初先発のGK常沢選手らを中心に、相手の猛攻をしのいだ。だが後半ロスタイム、FW滝谷選手がゴール前で相手選手を倒して与えたPKが、決勝ゴールとなった。

 次節は二十二日、岐阜市の長良川競技場でFC町田ゼルビアと戦う。

 (鈴木凜平)◆吉田監督「油断が勝敗分けた」 喉から手が出るほど欲しかった「勝ち点1」を、最後の最後でするりと逃した。「一瞬の油断が勝敗を分けた」。吉田監督は試...    
<記事全文を読む>