8日のホーム水戸戦で先発した選手はリカバリー、控え選手は東海大札幌との練習試合を行った。8月5日に左膝蓋(しつがい)靱帯(じんたい)炎の手術をしたDF前貴之(23)が、実戦復帰。ボランチとウイングバックをこなした。

 「ゲームができて一歩前進です。ちょっときつかったけど、久々なので楽しめました」。2本目45分間のみ出場だったが手応えを感じ取った。「ボールのフィーリングは良かったけど、ゲーム体力はまだまだ。運動量も増やしていかないと」と今後の課題も口にした。

 弟のMF前寛は、ここ4試合連続先発で結果を残している。「やるたびに良くなってる感じですね。自分も残り試合が少ないので、負けないように...    
<記事全文を読む>