明治安田J2第35節(8日・フクダ電子アリーナほか=11試合)千葉は京都に0-3で大敗し、勝ち点は45のまま。3~6位の昇格プレーオフ圏内から遠ざかった。首位札幌は1-0で水戸を下し、同77に伸ばした。2位松本は岡山と1-1で引き分け、同68でトップとの差は9に広がった。◆開始2分で守備崩壊 中央をドリブルで切り込まれ、放たれた低いシュート。対応した丹羽に当たって軌道がずれるが、勢いよく自陣ネットに突き刺さる。千葉が先制点を献上。時計はまだ1分台、試合開始2分での出来事だった。

 「これがすべて。みんなの気持ちのバランスが崩れた」と富沢。J2生活7年目の千葉に立て直す術はない。6試合ぶり...    
<記事全文を読む>